スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙なみだのいぬさんよっつめ


1月27日、いぬさんよっつめいただきました☆

11月に四歳~クラスに上がってから、
お友達と楽しんで行っていた期間もありましたが
涙が出始めて
短期教室では毎日号泣。

理由が分からず理解出来なくツライ時期もありました。

未だに、たまに泣きます…

でも、大好きなコーチやお友達とまた楽しく出来るようになって
ワッペンがもらえました。

今までもらったワッペンの中で
きっと一番印象に残るでしょう。

ワッペンをもらってきたayahiは、
私にワッペンを渡して
泣きました。

辛かったことや
私からのプレッシャー、
お友達が先にワッペンもらったことなど
ayahiにもいろんな感情が渦巻いてたんでしょう。

次はうまさんに向けて
またいつか泣く日がくると思うけど
それまで笑顔で行ってほしいな。

ツライことがあっても
逃げないことも学んで欲しいと思います。
スポンサーサイト

117

今日で16年。
あれは私が10歳の時の出来事でした。

ずっと、毎年この日を迎えるのが嫌だった。
嫌という表現なのかはわからないけれど、
学生の頃は集会があり黙祷があり作文があり。
作文を書くのがすごく嫌で
この日を休んだこともある。

昨日、ケーブルテレビで森山 未来くんとおすぎさんとの対談を見た。
森山 未来くんは同じ歳で、同じ予備校に通ってたこともあり
(当時の私は興味もなく接点もなく会うことはなかったですが)
妙な親近感が。

その彼も、当時10歳。
同じ区内に住んでいたらしい。
当時の思い出というと、そこまで大変だと感じることはなく
給水車に水をもらいに行くことを楽しんでいた記憶があると話していました。
でも、地震を体験したというと「大変だったでしょ」と言われ
自分の中での違和感を感じていた、と。

私も同じ感じで
確かに大変だったけど
当時の私は小学生。
何がなんだかわからず
道路の亀裂がすごいと思ったものの
身内には不幸はなく
友達が亡くなったりもしたけれど
そんなに仲のいい友達でもなかったこともあり
何がそんなに大変か分からなかったんだと思う。

でも、私がそんな気持ちにならなかったのは
家族が守ってくれてたから。

初日の夜に電気が通り
母はニュースや長田区の火事を見て
その日は眠れなかったと言っていました。

その後も家は無事だったものの余震もあり
近くの小学校で寝泊りする日々。
住んでいたところは団地だったし
子供もたくさんいたし
小学校にはボランティアの高校生が来てくれたりで
非日常を楽しんでいた記憶が強い。

その記憶が強い中、
学校で作文を書かせる先生。
何を書いていいのかわからなかった。
私の中で、楽しかったという記憶と感情のほかは
自分では表現できない(今でも表現できない)ものを
書き出すことは出来なかった。

大人になると
そういった慣習はなくなり
テレビをつければ特集がやっていたりするけど
見てみぬふりをしてきた自分がいた。
あの日への想いは、薄くなっていたのかもしれない。

ニュースや先生は
「あの日のことは忘れてはいけない」というが
そんなことを言われたくなかった。
実際に体験したことは
自分の中に確実に残っていて
忘れたくても忘れられない。
それをなぜ言われないといけないのか。
自分の傷をそっとしておいて欲しかった。

友達や親、自分以外の人と地震の話をするのが嫌だったし
体験した人は、自分から口にすることはなかった。
体験してない人に「大変だったでしょ」と言われても
深い話をすることはなかった。

あれ以来、大きな地震を体験することなく今に至ってるけど
小さな地震でも怖い自分がいる。

16年前のことは確実に私の中に残ってる。

それでも、こうやって書き出すことが出来たのは
似たような気持ちを持っていた森山 未来くんのおかげ。

彼が言っていた。
地震を体験したみんなが同じ体験をしたわけじゃない。
だから同意する必要はない。
けど、自分の体験を人に話すことも今はありだと思う、と。

今日、地震のことを書いている人の記事を読むと
涙が出てきてしまう私。
今はまだ、うまく話すことはできないけれど
いつか、きっと話せるときが来ると思う。

地震を体験していないayahi世代の人にも伝えていかないといけないことだと思える。
「あの日のことは忘れてはいけない」
確かにそれはそう。
今までは、自分に言われてることだと思ってたけど
地震を体験していない人へ向けても言ってることだと思えるようになった。

いつか、ayahiにも話してあげないと。


あの当時、私は子供で本当によかったと思う。
守ってくれた家族がいた。
地震の日に寝れなかった母は、不安でたまらなかったんだろうな。
私も、もし災害があったら
ちゃんとayahiを守れるように準備をしておかないと。


色々な意味で、私にとってすごく大切になった16年目の117。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

大分旅行☆その3 ラクテンチ

3日目のこの日は、月曜日。
なっちゃんは仕事なので、朝バイバイしてから
私たちは電車でラクテンチへ。
そう、2日間はレンタカーを借りてたのです。


IMG_7891.jpg

電車に乗ってバスに乗って

IMG_7894.jpg

ラクテンチへ到着!
(なぜかこんなポーズ。3枚くらい撮って、全部違うポーズでした)

IMG_7901.jpg

急勾配を上るのは
ネコとイヌのケーブルカー。

IMG_7904.jpg

大きな桟橋があって
怖がるayahi

IMG_7905.jpg

大好きなメリーゴーランドではこの笑顔。

ラクテンチは、昭和の香り満載の
遊園地&動物園といった感じで
動物ゾーンも。

ここでもやはり、口蹄疫の影響が。

IMG_7911.jpg

IMG_7914.jpg
IMG_7918.jpg

ふれあいゾーンで、ひよことモルモットがお気に入りになったayahi
他に、馬やうさぎ、かめなんかもいました。

IMG_7923.jpg

羽を閉じてる孔雀もキレイ。

IMG_7928.jpg

ペンギンのお散歩でちょっとだけ触れられた☆

IMG_7932.jpg

2回目に渡るときはこの笑顔。



なんとここ、施設内に温泉もあって
別途料金必要なし。
ayahiに聞いたら入る~とのことだったので入りました。

IMG_7934.jpg

ここで入ってたので
帰りのフェリーの中ではお風呂に入らず早々に寝ました。

IMG_7940.jpg

最後に、ここだけ?の不思議な形の観覧車に乗って

IMG_7943.jpg

行きはネコだったので
帰りはイヌで帰ってきました。


予定満載の3日間だったけど
私もayahiも楽しめるところを選んだから
めいっぱい楽しめました☆

ただ、やっぱりフェリーでは寝にくかったみたいで
(シングルで2人で寝たのもあってか)
熟睡とまではいかなかったみたいですが。

でも、フェリーでの旅は楽しかったみたいで
大分で行ったところも楽しかったみたいで
事あるたびに、またお船で大分に行きたいといってるayahiでした。


去年の出来事なのに
長い間お付き合いいただきありがとうございました☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

大分旅行☆その2 アフリカンサファリ

2日目のこの日のメインはアフリカンサファリ!

なっちゃんは水族館好き
私は動物園好きで
2日の2人の写真の量で歴然です(笑)

ここのサファリのすごいところは
ライオン(肉食動物)にえさがやれるということ!

IMG_5214.jpg

ayahiは近すぎるライオンにびびって震えてました。


後の草食動物にはえさを自分でやれました。
ので母は撮影(笑)

IMG_5219.jpg

シカ

IMG_5231.jpg

ゾウの鼻

IMG_5240.jpg

キリンの舌

IMG_7786.jpg

なかなかこんな写真は撮れないよね。

IMG_5246.jpg

サファリ号の前で記念撮影。
後々考えたら、この旅行で3人が写ってるのはこの1枚だけ^^;


その後、ayahiは初乗馬☆

IMG_5250.jpg

ヘルメット被って、あのお馬さんにする!

IMG_5252.jpg

選んだのは白いお馬さん。
最初は緊張してたけどすぐに慣れました。

IMG_5265.jpg

その後、モルモットを触って

IMG_5268.jpg

リスザルにえさをやって
(幼虫みたいな生きたえさだったので、カメラのフィルムキャップに入っている買ったえさを
 近くにいた飼育員さんがayahiに渡してくれました。
 そのおかげで撮影も出来たし飼育員さんに妊娠中のお母さんや名前を教えてもらえました。)

IMG_5276.jpg
IMG_5290.jpg

カンガルーを触って
(2枚目の写真の真ん中のカンガルー、お腹の袋から赤ちゃんが顔をだしてるのわかりますか?)


カンガルーのえさの時間まで、
近くの大人の乗馬場で
今度は私が乗馬。

記憶にある限りで乗馬は初めて。
(昔、父や母と乗ってる写真はありますが)

IMG_5301.jpg

ayahiも乗りたいと言いましたが
聞いてみたけどやっぱりダメだったので

IMG_5302.jpg

しぶしぶいってらっしゃーい。

IMG_5305.jpg

あ~、いっちゃうの・・・

IMG_5306.jpg

つまんないの~

IMG_5309.jpg

最後は一緒に写真。

乗馬、楽しかったです☆

IMG_5295.jpg

カンガルーにはさつまいもを。



で、またまたayahiは乗馬。
今度は茶色のおうまさん。

IMG_5314.jpg
IMG_5319.jpg
IMG_5321.jpg

2回目は慣れて余裕の表情。



その後は、自分たちの車でもう一度サファリゾーンへ。

IMG_5332.jpg

IMG_5341.jpg

餌をやれることを考えたら、バスの方がいいけど
ゆっくり回れました。

続きを読む

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

大分旅行☆その1 うみたまご

去年(2010年)の5月28日~6月1日まで、
大分で働いている友達のところに遊びに行きました。
(記事を書いてない間に彼女は神戸に帰ってくることになりましたが)


なぜこんなに長い期間なのかというと
移動がフェリーだったからです。

六甲アイランドから大分港まで約12時間。
夜に出て朝に着くので日数が長くなりました。
船内二泊、大分二泊です。

IMG_5124.jpg

ayahiは、船は三回目。
でも、船内泊は初めて(私も)
この時期、よくポニョを見ていて
おっきい船に乗りたいと言ってたので大喜びでした。
金土日(だったと思います)はテープ投げがあって、体験しました。

朝早く大分に着いて
まずはなっちゃん(友人)宅へ。
荷物を置いてから朝食を買って、レンタカーを借りて出発。

まずはここ。

うみたまご

IMG_5128.jpg

大分にある水族園です。

IMG_7639.jpg
IMG_5140.jpg
IMG_7646.jpg

ちょうどこの日と次の日だけ、
来園者に生まれたばかりのコツメカワウソの名づけ募集があったので
NHK大分の取材があって
インタビューされた私とayahi
ayahiはよくある子どものインタビューで
かわいかった、と言ってました。
あんなにはしゃいでたのに
私も緊張しまくり・・・
オンエアーされたのかどうかさえ知りません。
されたとしたらayahiだけだろうな。。。
まぁ、誰も知り合いがいないので問題ないですが。

IMG_7679.jpg
IMG_5158.jpg

イルカショーは、すごく狭い(私の基準は須磨水族園です)のに
めいっぱい使って上手にジャンプするイルカに感動☆

IMG_5154.jpg
IMG_7687.jpg

カメやクラゲなども見て

IMG_5167.jpg
IMG_5170.jpg

ちょっと子どもが遊べるスペースもありました。

IMG_5171.jpg

ここはカップルにオススメポイントです☆

続きを読む

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

kanikanitto よつば

Author:kanikanitto よつば
編み物作家kanikaniです。
編み物などのハンドメイドのことから、育児や料理のことを綴っています。

お仕事専用blogはこちら→http://ameblo.jp/kanikanitto428/

過去のblogはこちら→http://yaplog.jp/kanikanitto428/

HPはこちら→http://kanikanitto428.web.fc2.com/

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
birthday
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
6509位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
2601位
アクセスランキングを見る>>
ママキャリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。